酒好き独身男の晩酌

酔っ払いが教えるアバウトな晩酌レシピ。

【料理デビューに!】きのことベーコンのバター醤油スパゲッティー

せっかくブログを始めましたので、

昼食からちょっとした料理をしました。

 

僕が一人暮らしを始めるにあたって、料理デビューした品です。

僕みたいな人って結構多いと思うんです。

 

「自炊したいけど、料理ってよくわからないし…」

「使用頻度の低い調味料は使いたくない」

「手間は掛けたくないけど、それなりの料理が作りたい」

 

きのことベーコンのバター醤油スパゲッティー

王道のスパゲッティーで、簡単に美味しく、料理したぞってなりますよ。

 

あ、先に言っときます。

男の料理ですので、目分量です。

だいたいで紹介しときますので、参考までに。

 

 

材料はこちら

f:id:tarogarden:20190927124819j:plain

安い スパゲッティー

絶対家にある 醤油

あると何かと使う オリーブオイル

このケースが台所を彩る

無くてもいい きざみのり

すべての料理を旨くする バター

特売品でOK 和風だしの素

ビールによく合う ベーコンスライス

安く出回り始めます えのき茸

冷凍してました ぶなしめじ

 

まず、スパゲッティーを茹でます。

f:id:tarogarden:20190927125813j:plain

沸騰したお湯に小さじ1杯塩を入れて、

人差し指と親指のOKマークに入る程度のスパゲッティーを茹でます。

 

この安いスパゲッティーは7分茹ででしたので、

その間に、えのき茸、ぶなしめじ、ベーコンを切っときます。

f:id:tarogarden:20190927130349j:plain

量は好きなだけ入れちゃってください。

 

スパゲッティーが茹で上がりました。

f:id:tarogarden:20190927130622j:plain

僕は一旦ザルにあげて、オリーブオイルを全体に掛けて和えます。

麺が固まらなくなります。

我流ですので、参考までに。

 

フライパン作業に切り替えていきます。

f:id:tarogarden:20190927130941j:plain

熱したフライパンにバターを落として、フライパンに馴染ませます。

 

中火でえのき茸、ぶなしめじを炒めます。

f:id:tarogarden:20190927131122j:plain

 

ベーコンを入れて炒めます。

f:id:tarogarden:20190927131308j:plain

ベーコンにちょっと焦げ目がつく程度を目安にしています。

 

f:id:tarogarden:20190927131529j:plain

醤油を大さじ2程度和風だしの素を小さじ1程度入れます。

醤油が焦げます、気を付けてください。

 

調味料が混ざったら、火を止めてスパゲッティーを入れて和えます。

f:id:tarogarden:20190927131804j:plain

イタリアン料理人のYouTuberが言ってました。

「パスタは炒めてはダメ。炒めるのは日本の料理、焼きそば。

ナポリタンは日本の料理、だから炒めるよね?

パスタはフライパンでは火から離して、和えるだけです。」

と。参考になりますよね。

 

最後に盛り付けて、きざみのりを掛けて完成です。

f:id:tarogarden:20190927132306j:plain

きざみのりを大葉にしたら、尚美味しいですよ。

 

 

ベーコンは無くてもいいですし、

(ベーコンが無かったらきのこに塩コショウした方がいいかも)

冷蔵庫に余ってるきのこなら、なんでもOKです。

 

僕、「パスタ」っていうの恥ずかしいんですよね。

「スパゲッティー」で育ってきたんで、急に「パスタ」に言い換えるの。

なんか、自分が気取ってる感じがしちゃうんですよ。

 

これから秋で、きのこがたくさん出回ってきます。
ビールに合わないわけがありませんし、
料理デビューには最適だと思いますよ。

 

ちなみに、僕は昼から飲んでます。

それでは、乾杯♪